今思ってること

5月2日の夕方から家内と2人で出張に出ました。今回は、1泊です。

家内をつれて泊まりの出張は初めてです。ホテルに着いたら午後9時をまわっていました。そのため、途中のスーパー( 宿泊地が地方都市のためスーパーが閉まっているかも知れないと思ったため )で弁当を買いホテルで遅めの夕食を食べました。

ホテルは、朝食がついて2人で9,000円でリーズナブルな価格でした。連休中でも、ホテルは宿泊当日に予約しました。

今回も家内の車で行きましたが、1泊宿泊したため楽でした。高速は往復とも渋滞することも無く定刻に着きました。

連休中も、昨日までは毎日仕事でした。若狭地方も原子力発電所が全て止まり、雇用情勢もかなり悪化してきています。敦賀市から、京都府の舞鶴市まで10人に1人が原電関係者だと言われています。

原電を止めても変わりの仕事があればいいと思いますが、今のところ京都・大阪・名古屋などに行っても中々仕事が見つからない状況です。

このままの状況が続けば、若狭地域から人々が出て行き若狭地域の都市は、人口減少を招き地元で商売をしている方は、悪化の一途をたどって行きます。

また、小浜市の製造業も円高などの影響を受けて中国への進出が加速しています。そのため小浜市の企業で一番大きい企業は市役所になってしまいました。

また、小浜市の近郊でも大学を出たばかりの人が数名自殺されたらしいのです。自殺の理由は、就職できないからかどうかは分りませんが。本当に高校・大学を出ても就職できない時代になりました。

小浜においても、大学を出た人が、就職できずにアルバイトで生計を立てている方もいらっしゃいます。

私達の時代は、給料は少なかったかも知れませんが、女性の方は全て正社員でボーナスか出ていてた会社に就職をしていたと思います。

今は、若い女性は、パート務めの方が多いと思いますし収入は私達の時代よりは少ないのでは無いのでしょうか。

昨今は、日本の企業が海外に進出しているため、外国人と就職の競争をしなければならないため仕事が少なくなっているのも一つの原因であると思います。

3月にあった進路セミナーで、ハローワークの方とお話していますと高校生の3人に1人が入社後3ヶ月で退職する現実。その後は正社員の仕事がなくアルバイトなどで生計を立てなければならないと言うことをおっしゃられていました。

まさに、貧困です。そのため結婚も出来なかったり収入が不安定の為、少子化の原因にもなっていると思います。

本日の新聞にも若者の8割が収入の不安を思っているらしいと出ていました。今は、就職できて正社員になれれば勝ち組ではないのでしょうか?

そのため、社会に出ても困難に打ち勝つ簡単に会社を辞めない我慢強い人を作り出さなければならないと思います。

PTAの指導者研修会で、講師の先生が言っておられました。今は、親切過ぎ・自由過ぎ・便利過ぎだといっておられました。

不便・不自由・不親切が自分を磨く。私もその通りだと思います。子供には苦労させましょう。

先日、私の大学時代の友人に電話をしました。就職した時には従業員が300人いた製造業ですが、今は140人しかいないと。半分以下になっています。

生き残りをかけて本当に厳しい時代になってきました。