台湾に行ってきたよ

東京の出張から4日の午前0時30分頃帰り、4日の午後8時30分小浜を出発し中部国際空港のホテルに午後11時30分に着き1泊しました。

行きの飛行機は満席。台北に着いて世界一高い台北101に登りました。雨が降っていて靄っていたため景色が見えるかなと思いましたが、そこそこ景色が見えました。

2日目は、保安宮・孔子廟・お茶セミナー・総統府・台湾民主紀念館・忠烈祠・故宮博物院・足つぼマッサージ&漢方薬店などお決まりの観光コースとなり、足つぼマッサージでは、飲み過ぎで肝臓が悪いといわれ無理やり漢方薬を買わされる羽目になりました。夕食後、士林夜市に行きました。食べ物・服・ゲームなどの露天が並び20年前くらいの祭りの風景を思い出しました。狭い路地に身動きが取れないほどの人でゆっくり見学することはできませんでしたが、エネルギッシュな台北の町を見ました。

3日目は、自由行動でMRTという地下鉄・地上電車に乗りデパートをめぐったりMRTの終点の淡水や動物園に行ったりしました。

淡水は、河口で風光明媚なところで日曜日なので家族連・カップルなどでにぎわっていました。駅から続く中正路には海鮮料理店・みやげ物屋・昼間の屋台が並び多くの地元の観光客でごったかえしていました。その後、MTRの動物園駅まで行き去年開業した猫空ロープウェー乗車しようと思いましたが一時間待ちのため乗車をあきらめました。

夜に、華西街観光夜市に行ってきました。ここは、蛇やすっぽん料理や家庭雑貨などのお店が沢山ありました。

4日目は九分観光、台北から1時間くらいで着きます。

レトロな町で、家々が山にへばりつくように立っていて人がやっとすれ違えるほどの細い路地。観光客でにぎわうメインストリートからちょっと横道に入ると、さきほどの喧騒が嘘のような静けさで響くのは自分の足音だけしか聞こえてきません。

おまけに、基隆の町や海が一望できます。

そうしているうちに帰りの飛行機は行きとは違い搭乗率1割程度かなと思えるくらいミゴトガラガラ、燃油料金の高騰の影響かな海外旅行が減っているというのが納得させられました。

とてもハードな一週間でした。