福井県高等学校PTA連合会各校PTA会長・担当者合同会議

2月4日福井県高等学校PTA連合会各校PTA会長・担当者合同会議が福井市の県生活学習館で開催されました。

担当の先生と雪が沢山残る中、福井へ向け出発しました。国道・高速は除雪が行き届いていますが、わき道に入ると雪が残っていました。

途中で昼食をはさみ、午後1時30分からの会議に臨みました。

24年度は、新潟県を中心にインターハイが開催され北陸信越地区の残り4県で4種目ずつが開催されることになりました。

福井県では嶺北で、体操・新体操・バトミントン ホッケー・なぎなたの4種目が開催されます。

開催資金が足らないため、生徒1人当たり200円協賛金を出すことになりました。

全国大会の議題になりましたが、東京・北海道とは違い福井県は30校少々しかありません。福井県が東京・北海道大会『 学校数の違い 』と一緒のことはできないと思うので、身の丈にあった全国大会を開催しなければなりません。

そのためには、同じような規模の和歌山・山口大会を参考にしなければなりません。

北海道大会の報告書を頂きましたが、参加者数9,750人ほど県によっては参加者数にかなりの温度差があります。

とにかく平成26年度には、47都道府県のトリをとって福井で全国大会を開催しなければなりません。

30校で、赤字の負担をしなくてもよいように綿密に計画を立てなければなりません。