出張日記82

先週は、PTAの役員のご苦労さん会がありました。退任する私、2人の副会長、他校に移動になった担当の先生を含めいつもながらの楽しいひと時を過ごしました。

今週は、同窓会の評議委員会が火曜日にありました。懇親会では、出張があるので、お酒を一口も飲みませんでした。

評議委員会の後を受け、5月30日~6月1日まで出張に出ました。

今回は、岐阜・長野・愛知県方面です。午前5時過ぎに出発、最初に高山を目指しました。

高山は観光客が、沢山来ていました。外人さんも多く、特に欧米系の方が多く見受けられました。

お客様から色々な情報を教えていただき、色々勉強させていただきました。夕方になると、標高が高いため肌寒かったです。冬は、かなり寒いと思います。

ホテルから撮った高山の町並み。

翌日は、高山から長野県に向かいました。

奥飛騨は、秘境の地です。高い山々がソビエまだ残雪が残っています。途中、安房トンネルを通りました。

トンネルは、わずか5分ほどで750円 えらく高い高速道路です。

ETCカードは使用できるのですが、車からカードを抜き取り機械に通すため通過するのに時間がかかります。

能登道は、ETCカードが使用できず終点の穴水まで行く途中、何回か現金を用意しなければならずめんどくさい道路です。能登道も来年から無料にはなりますが。

それでも中部縦貫道『 安房トンネル 』のおかげで、飛騨地方から信州まで早く行けるようになりました。

何年か前、スキーの帰りに通ったとき-15度をさしていました。その時は走行中、車内の内側の窓が凍りました。こんなことは初めての経験でした。

長野県に入ると上高地です。ここからは、岐阜県とは違い道路が狭くカーブが続き非常に走りづらいです。

数年前となんだ変わっていません。同じ国道でも県が変わればこんなに違うものかと思います。

長野県に行って、松本市の近郊を回りました。松本盆地は、小浜市などの海岸地帯とは違い扇状地で景色がとても綺麗です。私も退職したら住んで見たいと思います。

国道19号線で、木曽路を通り多治見市で泊まりました。

翌日は、岐阜県内と愛知県内を回りました。

途中よった刈谷PAでは、小さな遊園地併設のPAでした。

常滑から電車に乗り中部国際空港に行ってきました。

2泊3日で走行距離は875キロ。出張にしては、走行距離は少なめでした。

色々なお客様の所に行きましたが、いい話は全くありませんでした。これからの日本経済は、一体どうなるんでしょうか?

Ps. 高山・多治見の同じ系列のスーパーは、レジ袋有料でした。

レジを済ませてレジ袋が貰えない箱は無料で貰えるのですが、箱に入れてホテルに持って帰るわけにも行かず、もう一度レジに並びレジ袋を買いました。

私どもの地域では、レジ袋が無料なので会計を済ませて商品を詰める所にレジ袋があるのかと思いました。