出張日記86

7月10日~13日まで出張に出ました。

久々の関東方面です。

小松発が15分早くなり7時45分の出発になりました。そのために家を5時前に出発しなければなりません。

天気も良く快適な空の旅でした。

東京ビッグサイトで開催されている、ブライダル産業フェアを見学しました。

午後からは、営業に回りました。

今回のホテルは、浅草の地下鉄の駅からも遠く歩いて15分から20分かかります。

途中近くに、スカイツリーがよく見えました。

東京に行くのも今年2月以来、スカイツリーが完成し電飾がとてもきれいで隅田川のほとりから写真を撮っている人が大勢いました。

ホテルの周りは食事するところが近くになく、えっ これでも東京かなっと思いました。

2日目も、朝早くから電車に乗り営業活動に回りました。

3日目も、朝早くから徒歩で営業活動に回りました。

午後からは、電車に乗り遠方まで行きました。

営業から帰る途中で長男と一緒に夕食をとる予定でしたが、用事が出来たらしくキャンセルになりました。

あわてなくても、まだ大学1年生。また食事をする機会もあるでしょう。

結局夕食は、三日間ともホテルの前のコンビニで弁当を買ってきて食べました。

節約・節約

4日目は、お客様から、スカイツリーのソラマチを見学に行けばというお話が出てほんの少しの時間でしたが見学に行ってきました。開業したばかりなので、お客さん多かったです。

今回の出張は出張案内で時間を決めて、沢山のお客様を回りました。

その為時間に追われました。ホテルにも、20時を回っての帰宅となりました。

スカイツリーに始まりスカイツリーで終わった出張でした。

帰りの飛行機は。ボーイング777で、個人用のモニターが付いていました。

行きと帰りは飛行コースが違い行きは、福井の方へ向けて離陸し大野市の上空を抜け岐阜から愛知・浜名湖の上空を通過し、房総半島の太平洋側から幕張付近を通り、東京ディズニーランドを横目に羽田に着陸します ( 羽田の降りる滑走路によっても変わりますが )。

帰りは、横浜方面に離陸し東京湾を旋回し甲府・松本上空を飛び小松に向かうルートです。だから帰りは飛行距離が短いため座席後部の人には、飲み物のサービスが終わらないうちに着陸します。飛行距離が短いため上空5,000m位までしか上昇しないのかなと思っていましたが、高度7,900mまで上昇します。飛行速度も860キロを示していました。これは、個人用のモニターに表示されるからです。

行きは1時間10分 帰りは1時間この10分が機内サービスに現れます。

なかなか国内線では、個人用のモニター付きの飛行機には乗れません。

今回は、最終便があまりに高くなってしまうので一つ前の便にしました。

この飛行機は、キャセィパシフック航空との共同運航便でした。

客室常務員に質問をしました。国内線で共同運航して意味があるんですかと?

羽田も国際線が増え香港からキャセィの乗り継ぎ便として、共同運航していると。

ですから、JAL ( ワンワールドアライアンス もヨーロッパなどの国内線も他社とJALで共同運航していると言っていました。

やっぱ子供の時からのあこがれ。JALしか乗らない私にとっては、JALは鶴マークでないとダメです。鶴丸の復活はありがたいです。

今回の出張は、時間のある限りお客様を回りました。

その為 夕食を食べたら22時には就寝。

それだけお客様が増えてきたことなのかなっ?

テレビ東京では、懐かしい冬のソナタを放映していました。

出張に出て仕事がたまっているので、連休中も仕事です。

娘が、地域限定のカピバラさんのストラップを集めているので出張の度に買ってきます。

今のところ出張に行かない地域以外は、殆んど収集することが出来ました。

高こつきますわ。