出張日記101

12日は、日帰りで滋賀県に納品方々出張に出ました。13日~15日までは、京都府と兵庫県に出張に出ました。

1件でも多くのお客様の所を回りたいので、休憩時間もなく車を運転しています。そのため昼食を食べた後、疲れと満腹感で眠気が襲ってきます。車を運転していても、注意力が散漫となる時間帯です。

多くのお客様を回るための手段は、電話番号検索でのナビです。地図を調べる時間を考えると、ナビなら一発で検索できます。ナビの威力は本当にすごいです。

初日は、京都府を回り兵庫県の相生市で宿泊しました。

ホテルは、駅前でしたがなんと入れにくい立体駐車場でした。縁石があり係員の誘導が無いと、とても入れられる駐車場ではありません。

こんなとこ、入れるんでっか?と聞きました。係員から、入れ方を教えて頂きました。

前に角度をつけて止まりハンドルを切って縁石に当たらないようにバックし、それで前進してりバックを何回も繰り返し立体駐車場に入れます。

前方の鏡だけに注意をとられていると、ドアミラーが当たりかけました。ドアミラーをたたまないと入れませんでした。

入り口は、2箇所あり隣のプリウスも何回もハンドルを切り返し入れるのに苦労していました。

立体駐車場は、幅が狭いのでギリギリのスペースしかありません。いつも入れるときにイヤナ音がします。

おまけに前進でハンドルを切って入れるスペースはない所なので、神経をすり減らしました。

夕食も無料で食べられるホテルなのですが、お腹が張らずホテルで聞いた2軒隣のコンビにに買い物に行きました。野菜サラダ・おでん・フランクフルトなどは、取り扱いが無く食べるもんあらへんやん。がっかりと来ました。

と言う小浜市も駅前にはコンビにはありません。新幹線の駅も併設している駅なのに、駅裏はロータリーも無くすぐ横を国道2号線が通っています。

新幹線も停車する列車より、通過していく列車の方が圧倒的に多いです。新幹線や貨物列車が通過する音、国道2号線からの車の音が気にはならない程度ですが聞こえてきます。

上記の写真は、わずかですが新幹線の上部が見えます。

上記写真は、瀬戸内海の景色です。

2日目は、兵庫県内を回りました。とある合併して出来た市に泊まりました。ホテルは安かったのですが、冷蔵庫もなく部屋には張り紙で注意書きばかり。

最低限、冷蔵庫は必要です。部屋の外に共同の冷蔵庫はありましたが。無論、ウォシュレットはありません。

田舎のビジネスホテルは、冷蔵庫が無いところが多々あります。東京でも、価格によって冷蔵庫のない部屋もあります。

兵庫県内の峠を越えましたが、頂上は積雪がありました。

スタッドレスタイヤでは、無いので下りは、ブレーキを余り踏まないようにゆっくりと降りていきました。下りた所では、綺麗な紅葉が広がっていました。

最後は、京都府の伊根町によって帰りました。有名な舟屋が見えました。今回の出張は、工事で片側通行に頻繁に引っかかりました。

また、カーブだらけ峠も何箇所も越え獣道のような細い道路おまけに、落ち葉・枝が折れて道路上はソウド。

車の運転には、非常に気を使った出張となりました。帰ってきたら車のフロントは、落ち葉なとが沢山ついていました。一体どんな所を走ってきたんでしょうか?と思われているでしょう。