出張日記102

11月21日~22日まで出張に出ました。今回は、奈良県・三重県方面です。

いつもなら4時30分に起き5時出発ですが、今回は5時30分に起き6時に出発。

湖西道路から京都東IC・名神・新名神ルートなのですが、今回は木之本IC・北陸・名神・新名神経由なので高速代は少々高いですが1時間よけいに寝られるのでこのルートにしました。今回のルートは、渋滞することがないので時間が読めます。

久々に、名阪国道を走りました。大阪・名古屋にも近く道路沿いには、大きな工場が沢山あります。眼下には天理の町が見渡せました。

奈良県の町中って全部じゃあないでしょうが、走った道は非常に狭い道路が多かったです。

吉野よりも南部に行きましたが、秘境の地でした。

お客様に聞いたところ、奈良県は観光地だから安いビジネスホテルがないと。

どのビジネスホテルも高いです。大和高田・橿原・桜井などでビジネスホテルを探しましたが、橿原にしかいい所がありませんでした。

橿原の町でも、安価なチェーン店のホテルはありません。橿原のホテルもビジネスではなく、元ラブホテルに泊まりました。それでも、朝食付で6,000円ほどです。

風呂もテレビが映りジャグジー付、おまけにバスも七色に色が変わります。朝食も食べる場所がないから、部屋食になりました。橿原の町も道路が狭いです。

翌日は、奈良県から三重県を回りました。

途中、ナビで距離優先を選択すると名張からは峠を何ヶ所も越え三重県南部に入りました。車1台がやっと通れるつづら折れの峠を通りました。

ガードレールもなく落ちたら谷底、対向車が来たらすれ違いできる場所もありません。

先週に引き続き よう、こんな道を案内するなと思いました。谷底に落ちることもなく、無事に通過することが出来ました。

途中、名松線の終点の駅前を通りましたが数年前の災害で運休していました。駅構内も雑草が生い茂っていました。

三重県も、伊勢・志摩より南に行ったことがありませんでした。

国道42号線を南下し、熊野市まで行ってきました。まあ、すごいわ。紀伊山地と言われるだけあって急勾配と急カーブの連続。信号や交通量が少ないため快適に走れます。

奈良県南部・三重県南部は、山だらけ陸の孤島です。過疎化で人口もかなり減っているのではないのでしょうか。こんだけ山が在ったら町の発展は、見込めないのでしょう。

高速も尾鷲へ向けて工事が行われていました。高速が出来んとあかんわなあっと。

クラウンは、高速の直進安定性に多少の難がありますが思い通りに快適に走ってくれます。安心できる車やと思います。

帰りに安濃SAでガソリンを入れましたが新名神・京都東IC・湖西道路経由で、燃費は13.3キロを表示していました。なんとすばらしい燃費です。

家に着いたら、22時を回っていました。距離は300キロ弱。5時間の道のりです。

今回も、沢山回りました。下道が多く疲れました。家に帰ったら、王女の男のDVDが届いていました。