出張日記119

5月21日~24日まで、北陸・信越方面に出張に出ました。

最初に富山県を回り、午後からは新潟県上越地域を回りました。その後、宿泊地のの燕三条へ。

2日目は、中越・下越地域を回りました。

新幹線の燕三条駅とは違い燕駅前は、うんー。

3日目は、中越を回り高速では遠回りのため国道で峠を越え再び上越地域へ。

越後湯沢では、食堂が中々なく探すのに一苦労しました。峠の民家の裏手には、まだ残雪がありました。5月も末だのに、標高もそれほど高くないのに残雪があるなんて。

その後、宿泊地の新潟市内へ。上越地域から、2時間掛りました。新潟市は、大きいです。何回行っても新潟平野は広大です。

やっとの思いで見つけた食堂、越後湯沢で食べたボリュームたっぷりの野菜の天丼上越地域からみた日本海夕暮れまじかです。

4日目は、下越地域を回りました。

新潟から新発田までバイパスが出来ていて信号がないので移動は楽です。

家に帰ってからわかったのですが、車のキーをトランクの荷物の中に入れてしまい途中で、車のシートの下やトランクを探し回りましたが、見つからず車内にキーがありますと言う表示が出て、ロックが出来ずエンジンが掛り車に乗り込めば誰でも盗める状態となりました。営業に回っていても気が気ではありませんでした。一人で大騒ぎ状態でした。

ホンマアンポンタンでした。今回もどこへ行ってもいい話は、ありませんでした。

合併前の旧町では、6,000人いた人口が3,000人台へとお客様がおっしゃられていました。

また、ある市では、空き家が増え続けているとおっしゃられていました。車で走っていると、町の盛衰がよくわかります。

ガソリンスタンドもナビには出ていますが、実際に行くと廃業している所が増えてきました。

逆方向に戻るのも時間の無駄なので、下道を20キロほど走りスタンドを見つけました。産業がなければ、人口の流失は避けられません。

燕 - 東三条・直江津 - 長岡間なんかも電車の本数少ないしもっと走らせてもいいのではないのでしょうか?

対新潟やと高速バスがライバルでしょうから高速を走っていると結構高速バスを待っている人を見かけます。

たぶん、直江津や長岡からも新幹線や特急に乗るより高速バスのほうが安いのではないのでしょうか?

帰りは、長距離高速をクルーズコントロールで走るため久しぶりにリッターあたり14キロの燃費を指していました。家に帰ったら、23時を回っていました。