出張日記120

6月18日~20日まで、近畿方面に出張に出ました。

午前7時に出発。今回は、久しぶりに朽木( 鯖街道 )経由、堅田ICから湖西道路に入ったため渋滞に巻き込まれた時間は短かったですが、それでも渋滞を抜けるのに25分かかりました。

京都東ICを9時までに乗れたので、通勤割引に間に合いました。最初に滋賀県を回りました。

国道307号線を通り滋賀県から、京都府の宇治田原に入ると、道は急激に狭くなり途中で、車がストップしました。工事で片側通行かと思いましたが、道が細くなったためトラックとバスがすれ違いが出来ないのでストップしていました。国道も県が変われば、急に狭くなったりします。前に、鳥取県から岡山県に抜けた時も鳥取県は、雪は綺麗に雪かきが出来ていましたが、岡山県に入ると圧雪でハンドルを取られ運転しづらい状況に変わりました。

おまけに国道24号線に出るまでは、渋滞に引っかかりました。

奈良県は、ビジネスホテルが高いので、やつと見つけた安いホテル。周りに何もなく、ホテルで自転車を借りて、スーパーへ夕食の買い出しに行きました。大浴場もついていて、露天風呂もありました。ビジネスホテルにしては変わった作りで、コの字の形をしていました。

2日目は、奈良県を回りました。24号線沿いのお客様の所で話を聞きますと、ラーメン屋さんが沢山ありましたが、軒並み撤退して今は数件が残っていると言っていました。その地域は、大手100円均一店・ファミレス・衣料品店、名だたるお店が撤退していると聞きました。車は沢山走っていますし、人口もそこそこいるのになんでかなと思いました。

天気が悪く一日中雨が降っていました。いつも立ち寄る道の駅で休憩しました。

毎回宿泊する和歌山市のホテルへ向かいました。近くにスーパーがなく、コンビニに夕食を買いに行きました。この季節でもおでんが販売されていたので、おでんで一杯やりました。

3日目は、和歌山県を回りました。

この日は、大雨でした。いつも、休憩する紀ノ川SAへ。

阪和道から近畿道を通り第二京阪へ、近畿道とは違って第二京阪道はガラガラで運転しやすかったです。

その後、久御山JCT・大山崎JCTを通り4月に開通した京都縦貫道へ。湖西道路が渋滞するため園部IC経由の道を選択しました。

新しい道のため、ナビは案内しませんでした。京都縦貫道へ入ると沓掛ICまでは、私ともう一台の車だけものの見事にガラガラです。沓掛ICからは、沢山の車が乗ってきました。

国道162号線に入ると、ほとんどすれ違う車はありませんでした。家の近くまで帰ってくると、車が路肩に停車していました。

車の後ろには、小鹿の死骸がありました。衝突したばかりだったのではないのでしょうか?高速も、大雨で運転には気を使いました。