出張日記131

1月9日~10日まで、今年初めての出張に出ました。最初に滋賀県を回りました。その後、名神を通り岐阜県へ行きました。

大垣ICからシルバーのクラウンが乗ってきました。感じからすると覆面パトではないのかなと思いました。

前の車が追い越し車線に行ったので後に続き追い越し車線を走りました。前の車が、シルバーのクラウンを抜く途中、突然急ブレーキを踏み込んだので追突しかけました。

これで、覆面パトやと分りました。そのため走行車線に車線変更しました。覆面パトが、追い越し車線に車線変更したので私も後に続きました。

突然、車内から赤色灯が出てサイレンを鳴らしました。一瞬捕まったのかなと冷や汗が出ました。こんな時に、紛らわしいことせんでもええやんと思いました。

岐阜県でも、昼食は写真のようにモーニングでした。そうして、宿泊地の土岐へ。

朝起きると晴れているのに車のフロント・リアガラスは、雪の華が咲いたように凍っていました。内陸部のため寒いです。

翌日も、岐阜県を回り長野県に向かいました。木曽路から国道256号線を超えて伊那路に向かいました。

カーブだらけの山岳道路。峠の頂上は、昼間でも-6℃凍結防止剤をまいてもテカテカでした。峠は、凍っていて怖いですわ。

伊那路から権兵衛峠を越えてまた、木曽路に向かいました。ここも-6℃を差していました。

伊那市の駅前などを通りましたが、昼間でも雪が全く解けていない氷点下の気温です。

木曽でも午後の気温が、-4℃。脇道に入ると凍結していてテカテカでした。写真のように木にも雪が凍結していて張り付いています。

長男から友達と一緒に帰ってくると電話があり、出張の帰りに米原駅まで向かいに行くことになっていました。

そうしたら、米原駅22時45分着で帰ってくると。友達と一緒に授業を受けてから帰ってくるので遅い時間になりました。

それからは3時間の時間調整をしました。そのため恵那SAで写真のような夕食を食べました。

遠回りをして土岐JCTから東海環状道を経由して、美濃加茂SA・東海北陸道・関SA・名神高速・養老SAで時間調整をしながら走りました。

関ヶ原まで来ると高速は、積雪がありました。米原駅には、5分前に着きました。

お迎えの車で停車する所がないくらい一杯でした。そして、2人を拾って帰途につきました。

米原では、雨だったのですが旧長浜市を過ぎると雪に変わりました。進むにつれ積雪が増し、猛吹雪で前が見えなくなりました。

こんなんで峠を超えられるのかと思いましたが、近江今津に近づくにつれ積雪はなくなり峠も積雪は殆どありませんでした。友達を自宅に送り届け、自宅に着いたら深夜1時を回っていました。

2日目は、移動ばかりで目がシバツキ目薬ばかりを差していました。湖北の雪はすごかったけど、無事に家に着くことができました。長男は、明日が成人式。大きくなるのも早かったです。