両親

早いもので3月になりました。

父親の両親小浜市出身、父親東京の日本橋で生まれたと聞きました。その後開拓団で、満州に渡り哈爾濱の近くで生活していました。14歳の頃、お腹に手りゅう弾を持って警備に当たっていました。今の日本でとても考えられない事です。

冬は-20℃以下に下がる地域。手りゅう弾が冷えたお腹を更に冷やしたと言っていました。

その後 ロシアが攻めてきて逃げ回ったと聞きました。父親ロシアに抑留され亡くなりました。

中国人に助けて貰いながら命からがら母親と子供4人一緒に舞鶴へ引き上げて来ましたが、母親すぐに病気で亡くなりました。

逃げるのを手助けして頂いた中国の方に感謝していると言っていました。まさに二葉百合子さんの岸壁の母の世界です。

一歩間違えば残留孤児になって、私達が生まれて来る事もなかったと思います。父親今でも少し中国語が解るみたいです。

その後 一時宮津に住み小浜へ帰って来たらしいです。両親が亡くなり妹3人を嫁に出しそれから結婚したみたいです。

母方の祖母が宮津に住んでいたので、それを頼って宮津に住んでいたみたいです。その後舞鶴に変わり最終的に小浜に引き取りました。父方の祖母も最終的に面倒を見ていました。

私母方の曾祖母と父方の曾祖母は長生きしていたので面識があります。だから父親の両親の顔知りません。

一時、父親の祖父母の家に居候したが兄弟で引揚者住宅に移ったらしいです。

母親宮津市で生まれました。6人兄弟の上から2番目です。舞鶴よりも港小さいが宮津も空襲を受けたと聞きました。

機銃掃射や戦闘機が落ちて来たと言っていました。食べるものがなく草を食べたと言っていました。

食べれる草とか食べれるキノコ類は全く解りません。私なんか毒キノコを食べて中毒を起こすのが落ちでしょう。そういう意味で、生きる知恵必要でしょうね。

宮津へ行くと祖父母から母親だけが、高校へ行かしてやれなかったと。それだけが心に残っていると何回も聞きました。

そんな父親も小学校しか卒業していません。私の家内も宮津出身、母親家内の両親を知っていると言っていました。家内の母親からも戦争当時の話を聞いたら一緒の事を言っていました。

ほとんど苦労した事がない私たちの世代からすると、想像を絶する世界だったと思います。戦争世代の両親から比べると私ら世代と何が違うかと言うと、根性が違います。

私なんかチョット困難な事があるとすぐ挫けますが、やったろかと言う精神力が違いますわ。

その後、どこで知り合ったか知りませんが両親が結婚し3人の子供を儲けました。

両親とも、昔の苦労話したがりません。母親子供に苦労させたくないとよく言いますがホンマは子供に苦労させなあかんと思います。

私らの世代から見ても甘いよなと思います。こんな時代がいつまで続くのかなと一抹の不安もあります。

家で商売を始めたので見る人がいるので、保育所にも入れて貰えず入れても近くの保育所でなく、遠方の保育所に次男と2人で行かされました。そうして1年後に近くの保育園に編入が許されました。

3人兄弟学年2歳ずつ離れています。まあよく兄弟喧嘩をしました。次男上とも下ともやり、私三男と歳が4歳離れているで余りしませんでしたが。

障子・襖原型を留めていません。すぐに新調してもボロボロになります。それぐらい兄弟喧嘩ハデでした。

私の子供 2人兄妹。歳は2歳離れていますが殴り合いの喧嘩見た事がありません。そのため障子・襖も綺麗です。

父親が小さなボートを所有していたので魚釣りや海水浴にも連れて行って貰いました。魚釣りは30分が限界、酔うのですぐ陸に揚げて貰いました。無免許でボートを操縦したりしました。昔の事なので時効ですわ。

小浜湾も半島の先まで行くといやらしいほど透明度がありました。また、よく家族旅行にも連れて行って貰いました。車酔いするので余り行きたくなかったのですが。

両親の根性を受け継いだのか、私と三男小学校6年間一回も休まず皆勤賞を貰いました。熱が在っても学校に行きました。今みたいに出席停止等も無かったですしね。

ドロクタ3兄弟だったため悪い事をすると、しょっちゅうブロックで囲まれた井戸部屋に監禁されて中々出して貰えませんでした。

3兄弟とも分け隔てなく東京の大学( 下二人は東京の予備校に通いました )を卒業させて頂きました。一時、東京で3人で住んでいた事もあります。

そして、1992年の4月に次男・5月に私・6月に三男が、3ヶ月間に3人とも結婚しました。全ての費用両親持ち大変な出費やったと思います。

一緒の時期に結婚したので、孫も似たような年齢です。各自2人ずつの6人の孫に恵まれました。

今の所3人とも離婚せずに頑張っています。そうして3人ともマイホームを持ちました。

次男だけ東京に住んでいますので子供も大きくなり、最近帰郷しないので実家で一族で集まる機会もなくなりました。

何不住なく育った、あまちゃん第一世代の私ら三兄弟・私の子供達あまちゃん第二世代。私の子供このような出来事を全く知らない世代です。

今から十数年前 父親がロシアで亡くなった父親の所を見に行きたいと言うので家族旅行に合わせて父親を新潟まで連れて行きました。

そこから飛行機でロシアに渡り、亡くなった収容所跡を見てきました。父親として、亡くなった場所を見て来て一区切り付いたのでしょうね?

そんな両親も元気ですが、2人とも耳が遠くなりました。今の所何も恩返しが出来ていません。両親の口癖は、他人に迷惑を掛けるな。私の子供達も人の痛みの解る人間に子育てして来たつもりです。

昨今の経済状況下から両親の真似は出来ないので、子供を予備校に行かせる事出来ません。

子供2人が大学に通うようになるので両親の苦労が少し解ってきたような気がします。私からすると、偉大なる両親を中々追い越せる日が来ません。両親の苦労を爪の垢を煎じて飲まなければなりません。人間て死ぬまで努力しなければならないでしょうね。