今週は?

早いもので、今日から6月です。今週は日帰りの出張が続きました。家にいるときは20時位から寝ていました。

お風呂も入らず布団で寝ることも少なく居間で寝ることが多かった1週間でした。

ヒークは過ぎましたが、家の庭では近所から頂いたガザニアかな?が咲き乱れています。

花のある風景って落ち着きますわ。父親が家庭菜園でシイタケを栽培していて、採りたてを貰います。

娘も私も大好物です。レンジでチンして、醤油と味の素をかけて食べるのが一番おいしい食べ方やと思います。フキ・菜っ葉・タケノコの炊いたのも好物です。野菜・キノコ類中心食生活に変わり体重も減りました。

高級品ですが、イサザ( シロウオ )・貝柱の炊いたのもお酒のつまみとしてナンボデモ食べられます。

東京で弟家族と焼肉を食べに行った時、これとばかりに一年分位の肉を食べました。

オカンもあきれ返っていました。歳と共に、食生活も変わりました。

小浜市も、全国で896ある消滅可能性のある町に入っていました。福井県嶺南地方は、敦賀市を除くと全てが消滅可能性のある市町村です。

人口減りだしたら、負の連鎖であっと言う間に減りますから。人口って人の口と書きます。人の口がなかったら、商売してもやっていけませんから。

結局田舎で商売始めても、大きくなる会社って人の口の多い所に進出していきますから。

市政広報に昔の小浜線高浜駅の写真が掲載されていましたが、海水浴シーズンは駅は人で溢れかえっていました。今は、海水浴シーズンの臨時列車もなくなり賑わいなど全くありません。あれだけ賑わった時代が来るなんて不可能でしょう?

同じことを石川県の方が言っていました。子供の頃大聖寺駅前人で賑わっていたけど、今ほとんど人いないって。人が少なくなって、商業施設もなくなり人が寄る場が無くなったって。

福島の原発事故も40年間放射能は出続け、未だに収束したわけではありません。

山などは除染できず、出来ても放射能は出続けていますのでしても意味がないのではないのでしょうか?

福井地裁で出た大飯再稼働問題、半径250キロ圏の生活に影響を及ぼすとしています。

遠く島根・広島・香川・徳島・静岡・山梨・新潟県に至る範囲が含まれています。

中国からの黄砂・PM2.5なんかも、何千キロって飛んで日本に飛来して健康被害を起こしているんですから。そういう意味では、放射能は目に見えないから本当に怖いです。

夜 高浜町を通ったらアパートは電気がついていない所が増えていますし、若狭地域から沢山の人間が出て行っているのがよくわかります。

産業がなくなると人口減が加速しますし、一度事故が起きたら関西だけでは済みませんから。難しい問題です。

出張に出ると、原発が停止してから太陽光発電を見かける機会が増えました。