出張日記149

9月17日~19日まで出張に出ました。午前5時に起き6時前に出発。

名古屋・東京方面は、小浜ICからは遠回りのため高速には乗らずいつものように木之本ICから高速に乗りました。

最初に愛知県を回りました。ICを降りるとすぐ右折だったのですが、車が多くて右折車線には行けず右折はできませんでした。

右折できないのと、通勤ラッシュに引掛り10キロ走るのに約1時間掛りました。その後岐阜県を回りました。

ホテルは3,200円と安価なホテルで、大きな和室の部屋でしたが冷蔵庫・バスタオルはなし。冷蔵庫は共同でした。

翌日は、岐阜県を回り長野県へ行きました。長野県では昼間でも半袖でヒヤットしました。

富山県に行くのに高速は100キロ以上遠回りなので、ナビを設定すると国道もあまり時間が変わらないので安房トンネルを超えるルートを選択しました。

松本からは、相変わらず国道158号線はカーブが多く大型車はトンネルではすれ違いがギリギリのためお互いに停車します。そのため大型車の後ろを走っていたのでホンマに時間が掛かりましたわ。

国道158号線はトンネルの中で県道とV字に分かれていく所もありました。それくらい平坦地がないのです。

国道治すより早く中部縦貫道が速く完成してほしいです。なんたって上高地と言う一大観光地がありますから。すごい秘境の地やからトンネルばかりになり、工事代金も高額になりますわな。

安房トンネルを抜け平湯では、気温は7度でした。寒いはずですわ。ここからは初めて通る国道471号線、暗くてよくわかりませんが奥飛騨温泉郷で旅館が沢山ありました。

昔スキーに行った時、平湯で-15℃を指していました。走行している車の内側の窓ガラスも凍りました。それくらいこの地域は気温が下がります。

平湯からは、大型車の後をついていきました。カットビトラックでした。富山県に入ると国道41号線をしばらく走り脇道へ入りました。私もナビを無視してトラックの後に続きました。さすが道をよく知っているトラック信号のない道路を走るわ走るわでした。

それでも富山県のホテルに着いたら21時を回っていました。途中のスーパーで買った夕食を食べました。

さすがに下道はアップダウンとカーブばかりでホッコリと疲れました。上記写真は宿泊した高岡駅前の風景です。

翌日は富山県を回り石川県へ行きました。上記写真は富山平野と後方は能登半島です。

敦賀JCT~小浜ICまでは25分で着きました。やっぱり高速の威力はすごいですわ。

舞鶴若狭道は、全線開通してから格段に交通量は増えました。3日間とも天気に恵まれ、走行距離は1,100キロチョットでした。