出張日記202

7月31日~8月7日まで、長期の出張に出ました。今回は、東北地方です。そのため、体力を温存していました。

1週間出張に出ようと思うと、営業先様の調査と、回る順番・移動距離・移動時間を調べるのに結構な日数が要ります。また、ホテルを探すのも結構な時間が掛ります。

小浜に帰って来てから東北地方に、仕事って言うと宮城と青森県位しか行ったことがありません。あと山形県に少し行ったくらいかな。

朝から社会奉仕があり、それを終えてから福島県に向けて午前10時に出発しました。小浜ICから高速に乗りました。目的地まで約520キロ程です。案外距離は、ないんですね。

舞若・北陸・関越道の堀之内ICを経由し国道252号線を通り、宿泊地の只見町に向かいました。

昼食は、名立谷浜SAで食べました。

只見線は、小出~只見まで1日3往復のチョーローカル線です。平成23年7月に発生した豪雨で只見~会津川口間は、代替バスが走っています。

未だに復旧しないと言うのは、復旧しても乗降客が少なく大赤字になるからでしょう。このまま廃線になる可能性もあるのではないのでしょうか?

新潟県の大白川駅~福島県の只見駅まで30分掛ります。その間に駅はありません。それだけ秘境の地と言う事ですわ。

この辺りも豪雪地帯で、国道252号線は、新潟県境~福島県境にかけて冬期閉鎖区間になります。

その国道は、途中から急こう配とヘアピンカーブが連続しスノーシェッドが、いくつも設けられています。また、幾分狭い部分もありますが、何とか2車線確保されています。

鉄道はトンネルで超えますが車はなあ。とても鉄道のように30分では越えられませんわ。六十里越峠スゴイですわ。冬季閉鎖納得しました。

途中、田子倉湖・田子倉ダムが見えます。綺麗なとこでんなあ。只見町は、初めてでした。

何とか18時には、民宿に着きました。2食付きのプランにしました。出張で民宿には、久しぶりに泊まります。お客さんは、私一人だけでした。天気は、良く暑かったです。

部屋は、虫だらけでスキマから入って来るみたいです。自然が多い地域なんですね。目の前を、国道が通っているので通行量は少ない物の、道路が荒れているので騒音がマル聞こえでした。

上記写真は、夕食と朝食です。民宿は、8,840円でした。

2日目は、福島県内を回りました。会津若松に向かう途中国道252号線は、相変わらずスノーシェッドが続きます。久しぶりに、磐越道を利用しました。

昼食は、Kタッキーさんです。高速からは、猪苗代湖と磐梯山が見えました。磐梯山は、天気が悪く頂上付近は雲に覆われていました。磐越道と東北道が交わる、郡山JCTは大きいですわ。

信夫山から見た福島市内です。宿泊地は、福島市です。十数年ぶりに泊まりますわ。ホテルは、朝食が付いて4,514円です。駐車場がないので、徒歩5分の病院の駐車場に停めました。駐車場は、提携ではないので高かったです。大浴場がありましたが、疲れて寝てしまい入れませんでした。

原発事故の影響のため、新聞・TVでも放射線量を掲載・放映しています。サラの靴のため、靴擦れ起こして痛かったですわ。天気は、パラット来た位で概ね良かったです。

ホテルの朝食です。

3日目は、山形県を回りました。

道中、国道13号線を通りました。国道脇には、栗子国際スキー場がありました。大学生の時下宿の先輩に、福島市の人がいて栗子国際スキー場に連れて行ってもらいました。

国道は、テカテカやったと言う記憶があります。市内でも-10℃まで下がり、風呂場は窓が開いていて、寒くて居れませんでした。なつかしいなあ。栗子峠は、高速の工事の真っ最中です。

昼食は、米沢牛とはいかずM屋さんです。その後Mドさんでコーヒータイムでした。上山市に、スカイタワー41と言う130m越える超高層マンションが立っています。東北地方では、最高層マンションらしいです。田舎で、高層ビルは珍しいですわ。

この日は、雷雨に会いました。山形新幹線も運転見合せやと。山形道~東北道を経由し宿泊地の北上市に向かいました。

村田JCT~泉ICまでは、カーブとアップダウンだらけです。仙台を過ぎると、交通量もめっきり減ります。

ホテルには、20時過ぎに着きました。ホテルは、朝食付で4,800円です。

4日目は、岩手県内を回りました。朝起きると体調は思わしくなかったです。

昼食は、K壱さんのトンカツランチです。890円とお得でライス・味噌汁・野菜・お代わり自由です。玄米も食べてみました。味噌汁も、お代わりしました。

盛岡~秋田方面の国道46号線沿いで、タマタマ見つけたトンカツ屋さんとても美味しいかったです。

いつも昼食は、チェーン店やけど、このようなお店もいいもんですね。

小岩井農場を過ぎると、道路の上部は木々で覆われいます。そこで初めて道路を横切る熊を見ました。この辺りは、沢山いるんでしょうね?

上記写真の辺りで熊を見かけました。

天気が悪く岩手山の頂上は、見る事は出来ませんでした。その後、安比高原スキー場の近くを通りました。

国道282号線で、安比高原を過ぎた辺りでスピード違反の取り締まりをしていました。レーダー探知機が反応して事なきを得ました。

本日は、高速は利用しませんでした。利用した国道282号線・国道103号線は、殆ど信号がありませんでした。天気は概ね良かったです。高原地帯は、多少涼しかったです。

そのため、宿泊地の大館市には早く着きました。大館もビジネスホテルは、取れなくてハイツです。

ハイツは、2食付で6,000円です。とても綺麗なハイツでした。

ハイツの夕食と朝食です。ハイツの食堂でお聞きすると、大館市は、秋田県・青森県の弘前市までは、40分・青森市までは、1時間・秋田市までは2時間以上、青森県に行った方が近いと。

大館市は、青森県境やもんなあ。『 思えば遠くに来たもんだ 』秋田県は、高速で通る事はあっても街中に来るのは、30年ぶり位になりますわ。ハイツの隣は、温泉施設があり1回分の無料券をくれました。温泉入るとさっぱりしますわ。

また、隣は秋田道と奥羽本線がクロスしています。窓から踏切の音が聞こえて来て、覗くと青森行の特急 乗客乗ってたかなあと言う程空いていました。旅客列車より貨物列車の方が多いですわ。

上段の写真はハイツの部屋から見た秋田道の高架橋と奥羽本線です。下段の写真は、八郎湖SAから望む風景です。川の様に見えるのが八郎潟です。

5日目は、秋田県を回りました。初めて秋田道を通りました。無料区間を、走っていると前のダンプから石が降り注ぎました。勘弁してよう。

秋田港近くにあった、昭和レトロのうどん・そばの自動販売機が、今年の3月末に閉店になりました。

そう言えば、無くなるとTVでやってました。その、自販機がセリオンリスタに移設されて販売しています。1杯200円ですが、9月からは、250円になります。一度どんなんかなと思って、食べてみました。自販機に行列が出来ています。

秋田市ポートタワーセリオンの展望ホール無料なので登って見ました。高さは、100mで360度見渡せます。人行かんから無料になったのでしょうね?秋田市内・男鹿半島などが見えます。

秋田市は、竿燈祭の期間中です。昼食は、Hまるうどんさんです。街中では、衣装を着た方に出合いました。

秋田・羽後本荘・大曲・横手・湯沢は、ホテルが満室のため横手市雄物川町の旅館に2泊することにしました。2泊4食付きで12,960円です。

秋田だけでなく、湯沢も祭ですと。そりやあホテルないはずでんなあ。この日も雲は多いものの概ね良かったです。秋田も暑かったです。

旅館には、お酒が置いてありませんでした。そのため近くのスーパーセンターまで歩いて買いに行きました。

女将は、80歳過ぎです。お話しをするなかで、昔近くに同じような小さな旅館が沢山あったが、みんな廃業して1軒だけになったと。

初日の民宿もそうでしたが、部屋は外側から鍵は掛かりません。そんな昔ながらの民宿と旅館です。

旅館の夕食と朝食です。

6日目も、秋田県を回りました。

宿泊した地域は、広大な平野が広がっています。鳥海山も見えました。

昼食は、Gストさんのランチです。町を出ると、地平線が見渡せるような広い農村地帯です。東北地方は、防雪柵が多いですわ。

横手・湯沢の町を出ると田園地帯には、防雪柵が張り巡らされています。天気は、良く暑かったです。旅館は、2日間とも他にお客さんがいました。年輩の方とお話ししてると東北弁は、あまり理解出来ませんでした。

旅館の夕食と朝食です。

7日目も、秋田県を回りました。

道を間違って、すれ違い出来なく・アップダウン・急カーブの道を50分程走りました。運良くすれ違う車は、ありませんでした。

上記写真は、鳥海山の頂上です。

鳥海山の近くまで来たので、五合目まで登りました。霧で街中は、見えませんでしたが、運良く霧がはれ頂上が望めました。

四合目まで降りると象潟の町並みが見えました。鳥海山は、まだ雪が残っていました。その後、象潟IC~本荘ICまで無料の高速に乗りました。

高速からは、〇DKさんの工場が見えました。頑張って国内に製造業を残してほしいです。ここらは、〇DKさんの企業城下町。羽越線一帯に沢山工場ありましたから。

高速を降りてから、国道107号線~国道108号線・無料区間の横手湯沢道路を経由し湯沢に戻って来ました。昼食は、昨日に続きGストさんの定食です。

湯沢駅に、七夕飾りがありました。宿泊地に向かう途中、小安峡に寄りました。渓谷の岩盤から蒸気が噴出しています。歩いていると硫黄の匂いが強烈です。

上段の写真は、小安峡です。下段は、川原毛大湯滝です。

その後、川原毛地獄に行きました。日本三大霊場のひとつで、所々から蒸気が出ています。硫黄の匂いが凄くてえらくなりました。

川原毛大湯滝は、川の中が温泉になっています。私が訪れた時間は、だれも滝の温泉には入っていませんでした。川の水触ると熱いですわ。ちゃんと更衣室もあります。ビキニのお姉さんでも入浴してたら良かったけどなあ。階段を往復する事、1時間30分。さすがに息切れして熱中症の状態になりました。

そして、宿泊地の山形県新庄市に向かいました。湯沢の郊外に出ると国道13号線は、前に一台も車が走っていませんでした。そのため思う様に走れました。

夕方の通勤時間帯でもこんな状態なんですね。県境を越えるからかなあ?新庄の町までは、こんな状態です。国道13号線は、スキスキですわ。

上記写真は、川原毛地獄です。

新庄駅にも寄りました。横手・湯沢・新庄駅 新しい駅舎で綺麗ですわ。この日も天気は、良く暑かったです。

ホテルは、2食付で5,940円です。ビジネスホテルで、この価格はリーズナブルです。夕食を食べる人が多いので、何なんかなと思いました。

ホテルの掲示板で気が付きました。運転免許の合宿の人の取っているビジネスホテルでした。学生さん、多かったです。

そやそや、うちの息子と娘は何しとるんやろか?このホテルも、大浴場がありました。入浴すると疲れが取れたような気がします。東北は、どこも祭なんですね。

ホテルの、夕食と朝食です。

8日目は、自宅に帰るだけです。ホテルを午前8時に出発しました。新庄~小浜まで約675キロです。

国道47号線・国道345号線・日本海東北・国道7号線・日本海東北・北陸・舞若道経由です。

国道47号線は、新庄付近は高規格道路で分岐した国道345号線まで殆ど信号がありません。隣には、雄大な最上川が寄り沿います。この区間もスムーズに走れます。

国道345号線に入ると、地平線が見えそうな位の広大な庄内平野が広がります。東北地方の日本海側も風力発電で多いです。

あつみ温泉ICを降りて国道7号線を通ると、朝日まほろばICまでの区間は、殆ど信号がありません。この区間もスムーズに走れます。

上記写真は、道の駅あつみから見る日本海です。

新潟平野も広大ですわ。昼食は、大積PAです。今日の気温 36℃位あったんじゃないのでしょうか?

初めて北陸道で渋滞に会いました。敦賀IC~敦賀JCTの少しの区間でしたが。舞若道も交通量多かったです。

東北地方も、暑かったですわ。日本海東北道・秋田道・東北中央道の早期全線完成を望みます。

走行距離は、約2,570キロで18時に自宅に着きました。事故に遭うこともなく無事に帰ってきました。

新庄から10時間 お疲れさまでした。8日間 何とか体力持ちました。

今回のホテル・旅館などは食事付が多かったです。旅館・民宿などで食べる食事も家庭の味でいいもんです。また、ゆっくり東北に旅行に行きたいな。