創立120周年記念式典・祝賀会

東京の出張から、帰って来た週末に歩きに出ると腰が痛くなりました。その腰痛が大方よくなりました。約1ヶ月程腰痛に悩まされました。治りが遅いですわ。金沢に行った時も痛かったですわ。体調は今一つで、夏の疲れが弱い所に出て来ていますわ。

10月7日は、母校の創立120周年記念式典にお伺いしました。午前11時から式典が挙行されました。知事・市長・多くの来賓の方を迎え、全校生徒も臨席していました。

また、場所を変え祝賀会がありました。母校は、全国でも珍しいホーム制を取っていました。私が通っていたときは、一学年 理数科 1・普通科 6・商業科 3の合計10クラスありました。

理数科から約1人・普通科から約7人・商業科から約3人 それらが3学年集まり35人ほどでホームを形成します。掃除・昼食・合唱コンクール・遠足・体育祭 すべてがホーム単位で行われます。その時代35ホームまでありました。クラスは、授業の時だけです。キャンプもホーム単位で行います。そのため1年生の時は先輩の荷物持ちが待ち受けています。全ての行事がホーム単位で行われるため、修学旅行はありませんでした。

進学校になったので、ホーム制も平成6年で終止符を迎えました。色んな学科の人や先輩・後輩と知り合い良い制度でしたのにね。本日の挨拶の中でラクビー部も花園に10回出場していると案内がありました。今年から2回目のスーパーサイエンスハイスクール( SSH )校に指定されたそうです。

少子化の影響を受けて、水産高校を統合し商業系の学科は無くなりました。

恩師のホームのAD( 後の元校長先生 )が来ておられ、ご挨拶に行って来ました。お世話になった先生方も沢山来ておられたので、お酒を注ぎに回ってきました。

最後は、檀上に上がらされ校歌を歌う羽目になりました。同窓会の中では、若手やから仕方がないですわ。久しぶりに有意義な時間でしたわ。式典も祝賀会も同級生が隣でした。