出張日記65

26日は、第1回若狭高校普通科系専門学科検討委員会が開催され現在の理数科を再編し新学科を設置すると言うものでした。

理数科でも文系の大学に進む生徒もいて1年次は共通の内容を学習、2年次から文系と理系に分かれて学習すると言う内容です。

今の普通科の文理分けと同じで、特進クラスを今までの1クラスから2クラスにして24年度から設置すると言う話しでした。

簡単に言うと出来る生徒をよりいい大学に進学させる学科です。大学に入れるための予備校にはなってほしくはありません。勝負は、社会に出てからです。人間形成も重要な事です。

福井県で、このスタイルを若狭地域から1番に取り入れていただけるのは有難いです。若狭地域から優秀な人材が、他校に取られないようにするためにも。

27日~29日まで、出張に出ました。今回は、北陸方面です。

石川県のお客さんの所では、先日あった北信越地区高等学校PTA連合会研究大会石川大会の話しで盛り上がりました。また、石川県・福井県の実情を話し意見交換しました。

仕事の話に戻りますと、お客さんによっては特注があり売り上げがいい所もありますがほとんどが震災以降低空飛行している状態です。中々売り上げが上がりませんが、着実にお客さんは増えていっています。

3日間とも天気が悪かったです。涼しい事もあり走行距離が短かったので、疲れはさほど残りませんでした。