出張日記139

5月13日~15日まで、近畿から中国地方に出張に出ました。午前6時30分出発。

舞鶴若狭道は、霧で運転がしづらかったです。

山陽道が高槻方面に伸びるので、中国道から山陽道の分岐地点が変わっていました。

姫路城は、覆いは取れたみたいですが未だに修復中です。

ホテルは、岡山駅の近くです。定宿は2軒とも満室のため初めて駅前に泊まりました。

ホテルの駐車場が離れているため、よくわからずグルグルと辺りを回りました。都会のため、信号待ちの時間が長く駐車場を見つけるまで苦労しました。駅前の地下街も大きいですし、市電も走っています。

夕食は、コンビニで買ってきた焼きそば・野菜サラダ・おつまみ・焼酎のロックです。いつも出張に出ると、こんなもんです。

朝食付きですが、ホテルの玄関を出て隣のコーヒースタンドから持ち帰り部屋で食べると言う初めてのスタイルでした。そこそこボリュームがありました。

昼食は、道口PAのコロッケ定食500円とリーズナブル。

広島空港が途中にあったので寄り道をしました。上記の写真は、広島空港の進入灯です。写真を撮っていると、JAL機が進入灯に沿って降りていきました。

初めて広島市で宿泊しました。カキ・お好み焼きを食べようか色々悩みましたが、久しぶりに軽く居酒屋へ行きました。

結局広島名物のカキもお好み焼きも食べませんでした。カキは冬の食べ物ですしね。

ホテルは、市内の中心部そごうや原爆ドームがすぐそばにありました。路面電車にも乗りました。これで日本の路面電車も富山ライトレール以外は全て乗車しました。

上記の写真は、佐波川SAより防府市街を望んでいます。

秋吉台にも寄り道をしました。日本最大のカルスト台地です。見慣れない綺麗な風景でした。

秋吉台の近くでガソリンを入れました。自宅まで600キロの道のりです。もうここまで来ると北九州市も近いです。

ナビは山陽道を選択しましたが、交通量が多いので中国道経由にしました。17時に出発。小郡萩道路十文字IC・中国道美祢東JCT経由。

中国道のトイレで、小便器の上に手洗いがついているのを初めて見ました。中国道・舞鶴若狭道、最初から最後まで貸切状態、車は殆ど走っていませんでした。

クルーズコントロールで走っているので、急カーブは2車線の真ん中を走りました。2車線の道幅をフルに利用して走りました。それぐらい急カーブとアップダウンが多いです。中央道から比べると車が少ないので、まだ走りやすいです。

中国道のガードロープは錆だらけ車が殆ど走っていないので、山陽道にお金を回し中国道はホッタラカシて言うことでしょうか?途中ちょっと大きな町って津山しかないですもん。

最初から急カーブとアップダウンはわかっていましたが、ここまですごいとわ。広島県に入ると霧が発生し、舞鶴若狭道ではさらにすごい霧になり道が見えないくらいでした。

安佐SAで夕食を食べました。値段の割には、もう一品位ついていてもいいかなと言う食事でした。

家に着いたら午前様でした。美祢市から7時間30分程、さすがにキター。2泊3日で1,250キロ走りました。なんか楽しい出張でした。

16日は、家内を仕事が終わってから東舞鶴駅まで送りました。長女のアパートへ行くためです。

舞鶴若狭道も7月20日開通が決定しました。中国道吉川JCT~北陸道敦賀JCTまでつながり便利になります。

中国・四国・九州方面の方は、舞鶴若狭道で第64回全国高等学校PTA連合会大会 福井大会へ。