出張日記171

早いもので6月になりました。

6月4日は日帰りで北近畿方面に出張に出ました。往復とも高速代を節約するため、おおい町から綾部に抜けました。

相変わらずグニャグニャ道で、狭い所も一部区間あります。天気もよく爽やかな日でしたが、風が強かったです。

昼食は、Jフルさんです。なんとほとんどのお客さんが年配の人ばかりでした。

走行距離は約200キロでした。北近畿は近いので家に着いたら19時でした。高速代節約してるから体に負担掛るのかな?

6月5日は、午前7時に近江今津駅に向けて出発しました。車を駅に置き電車に乗り換え京都を目指しました。

京都駅に着くと、バス乗り場は人で溢れかえっていました。市バスの一日券を買いました。500円とリーズナブルでした。

京都は地下鉄もありますが、まだまだバスに乗らないと回る事が出来ません。

そのため市バスは混み込みですわ。一度も座れませんでした。また、修学旅行生が沢山いました。

四条通りは、歩道を広げ道路の車線数が減ったため渋滞していました。

天気予報通り、昼前から雨が降って来て肌寒い1日でした。午後からは、関西空港に行きました。

昼食は、Yよい軒さんです。

JRよりも安いので、関空アクセスきっぷで関西空港に向かうことにしました。

阪急電車の河原町から関空まで1,230円おまけにラピートもプラス300円で乗車できると言うお得な切符です。通常ラピートは510円です。お得ですわ。

ルートは淡路から地下鉄の堺筋線を経由して天下茶屋から南海電車に乗り換えます。

天下茶屋駅のホームで外人さん( 中華系の方 )に関空の行き方について英語で聞かれました。リミテッドエキスプレスかエキスプレスで行くのか聞いた所、リミテッドエキスプレスは料金が掛ることを特急券専用の券売機が目の前にあったので、身振り手振りで説明しました。なんとか理解してくれて券売機で特急券を買っていました。

帰ってから考えてみると携帯に、はなして翻訳のアプリが付いていました。それ使用したら少しましやったのにと後悔しました。

今までの翻訳ソフトはいい加減に翻訳しましたが、最近は精度が少し上がってきています。

日本語も含めて、英語3ヶ国を含む14ヶ国語に対応しています。便利な機能ですわ。まあ、英語力のなさアカンワ。

昼間のラピートはガラガラです。上記写真はラピートの車内です。

上記写真は、乗車したラピートです。

運行開始当初は難波から関空までノンストップの列車が殆どでしたが、今は難波 - 新今宮 - 天下茶屋 - 堺 - 岸和田 - 泉佐野 - りんくうタウン - 関西空港に停まる列車が大半です。その結果無料の急行と数分しか到着時間が変わらなくなりました。途中停車しても空いています。

安価な切符のため往復ともラピートを利用しました。ひと時のリラックスできる空間です。

また、ラピートはLCCのPeachカラーのデザインの車両も走っているんですね。

JRも昼の時間帯は、はるかは1時間に1本しかありません。はるかだと1時間15分位で行けますが、阪急・地下鉄・南海では2時間近く掛ります。

はるかも昼の時間帯30分に1本走っていたのが、乗客が少ないので1時間に1本に減便されました。

はるかは関空往復の指定席を利用できる割引切符は4,830円です。

リムジンバスだと昼間の時間帯30分おきに出ていて約1時間30分掛ります。往復乗車券4,180円 ですが、日帰り往復乗車券でしたら3,000円で格安です。

京都からは、JR・私鉄・高速バスの3社による競争ですわ。関空まで来ると海外に飛びたい気持ちになります。

帰りも河原町から市バスに乗り京都駅に向かいました。このバスも座れませんでしたし、京都駅まで20分程掛りました。

京都駅の地下街でケーキを買って来ました。家に着いたら21時30分過ぎでした。

日帰りの出張が2日続くと体に負担が掛ります。背中が痛いのが中々治りません。何やろなあ。来週は病院で検査です。トホホだよ。